講師日誌

【質問型営業】安心してください、聞いてませんから(笑)

講師日誌

安心してください、聞いてませんから(笑)

From 安井 匠 大阪のホテルより このブログもそうなのですが、文章で物事を伝えるのって苦手。。。 そんな方も多いのではないでしょうか? きちんと相手に伝えたいことが伝わるようにと、 読み返しては、 「これでいいかな?」 「ちょっとわかりづらいかもな・・・」 「うん、これなら大丈夫!」 という感じで、結構送り手はいろいろと考えるものですよね。

これがライトなものだったら良いのだけど、、、

大切なことを伝えたいとき、大切なお知らせをしたいときなんかは、 あれやこれやと見返しているうちに気がついたら1時間!? というような経験をされている方もいらっしゃるかもしれません。 その度に、 「あ~もっと気楽に打てるようになりたいよな~」 スラスラ文章をかける人って羨ましいな~。 そんな風に思っていたりはしませんでしょうか???

そんな方に朗報です!!!

最近、僕が感じていることで、ちょっとした気づきがあったのでシェアしたいと思います。 それは、、、、 「こっちがこだわっているほど、読み手は読み込んでくれていない・・・」 ガクッ~!?という残念な現実です(^^; でも、、、これって営業も同じなんですよね~。 一生懸命にうまく伝わるように、スラスラ話せるように、 と思って頑張ろうとするんですけどね。 残念ながら、こちらが意気込んでいるほど伝わらないという現実があるんです(^^; 相手は相手の思考回路で、意識のある部分だけをつまみ食いしているだけなのです。 それは、決して相手がちゃんと人の話を聞かない人だから、、、 というわけではないのですね。 皆、自分の思っていること(意識があること)しか興味関心がないのです。 だから、”伝えようとしなくていい”ということです。 「何、聞きたいですか?」 極端ですなそんな風に質問してみちゃったほうが、楽に確実なコミュニケーションが積み重なっていくのです。