講師日誌

【質問型営業】懸命に営業活動に励む『同志』の皆さん、我々の仕事は、一流のアーチストにも優るって事を共有しましょう♪♪

講師日誌

懸命に営業活動に励む『同志』の皆さん、我々の仕事は、一流のアーチストにも優るって事を共有しましょう♪♪

kira_photo From:吉良洋   大阪オフィスより。     前回は、自分の体験談を書いたので、今回は、読者の皆さんと思いを共有できれば、という気持ちで書きます。   皆さん、誰か好きなアーチストはいますか?   私は、誰っていう、特定のアーチストのファンではないが、楽曲によって、すごく感銘や感動を受ける事は多々あります。 アテネ五輪のテーマソングにもなった『ゆず~栄光の架橋』   ♪♪~いくつもの日々を超えて 辿り着いた今がある だからもう迷わずに進めばいい 栄光の架け橋へと・・・♪♪   24時間テレビのマラソンのフィナーレでの定番、『ZARD~負けないで』 ♪♪~負けないでほらそこにゴールは近づいている・・・♪♪   『ドリカム~何度でも』 ♪♪~何度でも何度でも何度でも・・・ 10000回だめで へとへとになっても 10001回目は 何か 変わるかもしれない・・・♪♪   などなど・・・   こういった夢や希望を歌う楽曲に、多くの人は、心を掴まれ、感動する。 そして、自分を奮い立たせたり、勇気を出すきっかけになっているんだと思う。 多くの人達に、色んな希望や勇気を与えている、アーチストの仕事は、すごく素晴らしい仕事だと思う。 何故、多くの人は、そのようなメッセージに心を掴まれるんだろう? それは、どんな人にも「こうなりたい」「こうありたい」という、思いが、心の奥底にあるからだろう。   でも、そんな思いを普段は・・・ 「もう若くはないから」「自分は平凡な人間だから」 「家族を養っていかなければならないから」・・・ という、いろんな理由で押し込めてしまっているじゃあないだろうか?   それでも・・・本当の思い、心の奥底にある思いを、消し去ることはできないんだろう。 自分には、自分にしか生きれない人生がある。 人との比較ではない、自分だけの輝く人生がある。 その心の奥底にある思いを表現してくれたのが、マッキーが創り、SMAPが歌った「世界に一つだけの花」だったのではと思う。   この歌が、少年少女から、中高年に至るまで、多くの年代に支持され、空前の大ヒット曲になったのは、誰の心の奥底にもある思いを、表現してくれたからだろう。   このブログを読んで下さっている読者の大半が、営業、もしくはコミュニケーションにかかわる仕事をされている事と思う。 私達は、アーチストのように、同時に5万人の人間を感動させる事はできない。   しかし、私達は、『今日出会う人』 『今、目の前に居る人』に対して、その人の、これまでの人生での思いや体験、仕事を通して思い感じてきた事、喜びや挫折の経験。 そして、これからも続く仕事や人生で、一体何を実現したいのか? それを何故、実現したいのか? 実現できれば、どんな喜びがあるのか? その喜びを、誰と、どんなふうに共有したいのか? その思いに深く深く耳を傾け、共感し、その実現の為の解決策、実現策を提供することが出来る。 営業は、商品を売る行為ではなく、お客様が抱える課題の解決策を提供する事。 お客様が抱く願望の実現策を提供する事。 言い換えれば、営業は夢や希望を売る仕事だと思う。 どんな商品・サービスであっても、それは単なる商品・サービスじゃないんですよね。 どんな商品・サービスでも、商品の購入、サービスの導入をきっかけに、その後の人生が変わるって人が、確実にいるんですよね。 その人にとって貴方は、一流のアーチスト以上の存在であると思う。 私達は、一流のアーチストにも出来ない事が出来る、稀有な存在なんですよね。 是非、営業という仕事を通して、一緒に最高のやり甲斐を共有しましょう。 懸命に営業活動に励む『同志』から、「一緒に最高のやり甲斐を実現したい」と、声をかけてもらえる事を、心から願っています。 共に、良き1週間となりますよう。     PS 【半額は明後日まで】 質問型営業®の新刊の解説を青木から直接受けたい方は他にいませんか?