講師日誌

どんな沈黙も乗り切れる!言葉に詰まった時の「ある一言」。そんな質問の用心棒とは?

講師日誌

 どんな沈黙も乗り切れる!言葉に詰まった時の「ある一言」。そんな質問の用心棒とは?

0125 From 安井匠 横浜のオフィスより   よく質問型営業®を学び始めた方に、こんな質問をいただきます。 『次に何を質問して良いのか、わからなくなる時があるんです』 ということです。 あなたにも経験ありませんか? がんばって質問し続けたのに、相手の予期せぬ答えに動揺し、次に何を質問したらいいんだろう!?と頭が真っ白になってしまうことが。。。 さて、そんな妙な空気が流れる緊張の空間を、ふわっと和らげてくれる質問とは???   ちなみにこのようなことって、質問型にトライしている方なら一度は通る課題であると言っても過言じゃないように思います。 大切なことはこれまでもこのブログで何回か書かせていただいておりますので、まずはそちらをしっかり復習してもらいたいと思います。 「何を質問するかで頭が一杯」から解消され、お客様から確実に感謝の言葉をもらえる質問の極意とは? お客様の『警戒心』を解きほぐし、質問していないのに、何故か!?話をしてくれる不思議な方法とは? 大阪のおばちゃんに学んだこと そして、これらを行って、ある程度話もしてもらったんだけど、そこから次の展開へどうしたら良いかな〜。 なんて思った時にどのようにすれば良いでしょうか?という話です。  

 ちなみに、私、質問型コンサルタントであってもこういう事はよーくあります。

そんな時、私はどうしているかというと!? 答えは結構、単純で簡単です。 ・ ・ ・ 『 ここまで、お話しされて、どのように感じますか? 』 と、質問してみるのです。 そんなんで答えてくれるの??? なんて思った方もいらっしゃるかもしれませんね。 はい、試しにやってみてください! ちゃんと答えてくれるので、その答えを突破口にして、またコミュニケーションをとっていけば良いのです。 でも、この一言。ただ言えば良いということではなく、しっかりと論理の裏付けがあることを知っておいていただきたいな~と思います。  

 こんな論理の裏付け(原則)があるからです。

感じる ⇒ 思う(欲求) ⇒ 考える ⇒行動する ⇒ 結果となる つまり、『感じる』は、結果を出したいなら、行動を起こしてもらいたいなら、ちゃんと考えてもらいたいなら、 それらの大元、原点を質問で確かめる必要があるからです。   それが、いろんなことを聴いたり、質問していたりするうちに、なんだかこんがらがってしまい、よくわからなくなってきてしまい、、、そんな時が沈黙だったりするのかと思います。 ですから、あらためてリセットすれば良いということなのです。   『 ここまで、お話しされて、どのように感じますか? 』 『〇〇〇〇〇〇』⇒お客様の答え 『なるほどー、何故そう感じられたのでしょうか?』とか『なるほどー、たとえばどんな感じですか?』 という感じで仕切り直しが出来るのです。   ということです。良かったら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか? 結果、どうだったか!?ご報告お待ちしてますね!   追伸〉くれぐれも、そうならなくて済むことの方がいいんですよ。⇒ここ大事! ですから、以前のブログの部分は忘れずに身につけましょう!