講師日誌

【読者からのご質問】「質問をする事に壁を感じてしまいます。どのように考えたら良いでしょうか?」

講師日誌

【読者からご質問】「質問をする事に壁を感じてしまいます。どのように考えたら良いでしょうか?」

0103 FROM 安井 匠 東京オフィスより 私達は、毎日このブログを書かせていただいておりますが、 毎週、書きながら、私の中で実は、ちょっと嫌なことがあるんです。。。 それは何だと思いますか? 「求められてもいないけど、それを想像して書いている」 ということです。 私達は、質問型営業®を指導する中で、 「勝手に自分で相手のことを決めつけたり、解釈したりするのでなく、それを質問してください!」 と言っていますよね? ということで、読者の方から募集をさせていただいてますが、ご存知ですか? 絶賛、受付中です! お申し込みはこちらからどうぞ。  

さて、今日は早速そのご質問にお答えしたいと思います。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆   < 愛知県 しんじさん > ブログいつも読んでいます。 質問型営業®の理論は納得できますが、自分では上手くできません。 自分なりに考えてみると、自分は質問されるのが苦手です。 むしろ嫌いかもしれません。 誰でも自分に関心を持ってくれる人に嫌な気はしないのはわかりますが、 自分自身が質問されるのが嫌なので、なぜ、たとえば?と続けて質問をする事に壁を感じてしまいます。 どのように考えたら良いでしょうか? ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆  

それでは、早速ご回答させていただきますね。

しんじさん、ありがとうございます。 しんじさんのように”理論は納得でも出来ない”という方は他にもいらっしゃると思います。 そのよう中で、まず私がお伝えしたいのは、 「嫌なことは避ける…」 これが人間の本質でもあると思うのです。 それにも関わらず、自分が嫌なところから決して目を逸らさずに、 「なぜなのか?どうすればいいのか?」 ということを考えられているところが、本当に素晴らしいなあと感じました。   さて、そのような中で、”自分は質問されるのが苦手、むしろ嫌いです”ということだと、 確かに、質問するのに躊躇しますよね。 でも、ここでこうして相談をしてくださっているということは、 きっと、質問型営業®を身につけたい!という気持ちを強く持っていらっしゃるんだと思いますので、 その前提でお答えさせていただきますね。   詳しいことをうががっていないので全てをわかりかねますが、 お伝えしたいのは、「まずは自分自身に対して質問をする習慣をつける」ということです。 なぜなら、「人は自分の内側に見ているものを外側に見る」という原則があります。   これは、自分の内側(感覚・感情等)を基準に、外側(物事をみたり、判断したり)を見るということです。 たとえば、もし欲しい車があったとしたら、なぜかその車がよく目に入るということがありませんか? それと同じことです。   つまり、自分の中に「質問されるのが嫌い」という感覚があると、人も嫌だろうからそれをしない。 ということが言えるのではないでしょうか?   だからこそ、まずは今行っている「人に一生懸命に質問をすること」をチャレンジしていることに加えて、 「自分で自分に質問すること」を積み重ねてみてはいかがでしょうか? そうして、答えていくうちに、自分の中で質問をすることで良い経験・体験を積むと、、、 実は人にも使ってみたいなと思うのです。  

では、自分で自分に質問するには、どうしたらいいのでしょうか?

そこで、良かったら取り組んでいただきたいのが 書籍「3つの言葉だけで売上が伸びる質問型営業®」に載っている 「振り返りシート」です。 こちらのシートは、日々の出来事に対して、自分自身に質問を投げかけていることになります。 また、その質問に答えるということの意味や本質を今以上にご理解いただけるのではないかと思います。 DAILYGLAY その上で、毎日書くことを積み重ねていくことで、自分で質問をすること、答えることに慣れてきたり、 その中で、いろんな気づきや学びの発見であったり、自分の自信が積み重なってきます。 そうすることで、自分自身が質問に答えることが心地よくなっていくと、 自然と、相手に対しての興味・関心も湧いていくるようになると思います。   もし、書き続けていくにあたって、やり方がよくわからない、ちょっと難しかしい、 という場合は、私達、質問型コンサルタントが開催しているセミナー等に参加されてみてください。 ご質問等にお答えさせていただけると思います。 講座等のお知らせはこちらになります。   また振り返りシートは、リアライズショップにてお求めいただけます。   それでは、しんじさんの今後を楽しみにしております。   それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。