講師日誌

【質問型営業】共感を伝えるテクニック『笑顔の余韻』

講師日誌

共感を伝えるテクニック『笑顔の余韻』

From 鈴木康之 東京都内某所より はっきりしない天気が続いています。なんでもハッキリしないのは 気持ちが良いものではありませんね。 そんな連休明けの朝は、ハッキリと大きな笑顔でスタートしましょう!   suzuki_photo

今回は笑顔です。『笑顔の余韻』について

さて改めて「笑う」を調べると、 バカ笑い、大爆笑、大笑い、爆笑、苦笑い、含み笑い、 微笑み、薄ら笑い、思い出し笑いなど、   「笑う」行為の、表現はこんなにも豊富です。

笑顔はコミュニケーションを取る上でお互いに良い効果があるようです。

笑顔でいることによって自律神経である副交感神経を活発にする効果がありリラックスすることができるそうです。 さらに楽しい気分やリラックスした状態になると、脳はα(アルファ)波という脳波を出します。 このα波は、集中力を持続させ、記憶力も上昇させる効果があるとされています。   すごい効果があるのです! 売上や成績にも直結してきます。 最初は作り笑いであったとして意識しなければもったいないのです!  

そして、ここからが笑顔を伝えるポイント。

『笑顔の余韻』です。 笑顔の後にすぐに表情が戻っていませんか? img_4946 次のことを考えていたりすると笑顔が素に戻ってしまいます。   img_4947-1 意識して笑顔を継続しましょう。 せめて3秒ぐらい。 いいですか、笑顔には『余韻』です! 今日から意識してください。 もっと詳しく知りたい方は、質問型営業®実践会でもお伝えしますのでご参加ください!