講師日誌

【質問型営業】つづいて「ほめる」テクニック STEP2

講師日誌

つづいて「ほめる」テクニック STEP2

From 鈴木康之 東京オフィス近くのルノアールより   開いてビックリ! 本日は、先にちょっと凄い告知をさせてください! 既にご承知の方もいると思いますが、元西武ライオンズの石毛宏典さんに逢えるってどう思いますか? それも目の前で直接質問できたら私は嬉しいのですが、皆さんはどう思いますか? 今回、あの元西武ライオンズの石毛宏典さんが、ポッドキャストのライブセミナーに来られることが 決定したんです。 %e3%81%84%e3%81%97%e3%81%92%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8%e9%9d%92%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93   それも限定少人数なので握手や写真も・・・・ちょっと興奮気味です(((o(*゚▽゚*)o))) この機会に是非参加してみたらいかがでしょうか? 詳細はこちら⇒ポッドキャストライブセミナー【 特別編 】青木毅×石毛宏典氏 suzuki_photo さて、それでは告知はここまでとして始めましょう! 前回の相手に興味・関心を持ち、良いところが見えてきましたか? それでは今日も明るく笑顔でいきましょう!!

では、ステップ2です!

今回の「ほめる」は、より具体的に! ほめる時には、「素晴らしい」、「凄い」と抽象的な言葉ではな白々しく聞こえてしまいませんか? 例えば「◯◯のところが素晴らしい」と、『何が』・『何処が』をつけてください。 これは、 より具体的にスポットを当てることで、本人も気付いていない良い部分がほめられると   「えっ!、そこに気づいてくれているの!』と嬉しさと優越感も倍増します!  

では、その方法ですが、

  あなた自身が自問自答をしてください。   今回もよければ私の画像を使ってください (^_^)a   img_0098 この人の「素晴らしい」って 何が・何処が(なぜ) どうして、 具体的に・・・ あれっ、質問型ですね・・・ 良いところを興味を持って観察し、時には話を聞き関心を持ちます。そこで質問型で自問自答すると、、、 自然に相手に◯◯が持てませんか? さらに◯◯になってきませんか?   今回も、さらに私の事に好意を持って好きになっていただければ 次のステップに進みましょう!