講師日誌

【質問型営業】皆さんがチョット興味のある話

講師日誌

皆さんがチョット興味のある話

From 亀田 直幹 東京オフィスより 最近、質問型のセミナーを行っている中で多くの方に興味を持ってもらうお話しがあるのでご紹介します。 kameda_photo 「本当のところ、自分は他人からどう思われているのだろうか⁉︎」 特に営業活動や面接において、初めて接する相手からのどう思われているのか、 とても気になりませんか?   img_5702 普段接している会社の同僚や知人、家族に聞いてもなかなか本当の自分の印象を 聞き出すことはできません。そもそも相手も実際答えるのが難しいんです。     では、どうしたら客観的に本当の自分の印象を知ることができるのか???   答えは簡単。 知らない人を集めてきて、率直に聞いてみれば良いのです。それもできるだけ多くの人に。   でもどうやって?   なんと、質問型営業®では、そんな印象調査を行っています。   img_5622   会話をしているロールプレイングの場面を動画に撮り、その動画を一般公募で集まった15人のモニターさんに見てもらい、印象についてアンケートに答えてもらいます。   その結果から、その人の印象力を数値化し、モニターさんが答えてくれたフリーコメントを加えて、お一人おひとりの「印象力カルテ」を作っています。 自身の映像を観ると共に「印象力カルテ」を読むと、 「薄々感じていたけど、やっぱりそうか」 ということから、 「えっ!私、そんな風に見えてたの⁈」 ということまで、 受講生からは色んな感想が出るのですが、15人の客観的意見なので、カルテに間違いはありません。。。 スポーツでも勉強でも同じ。コミュニケーションでも、成長する為には、まず現状を把握することが最優先。 既に質問型を学んでいる人は、「好意」、「共感」の表現チェックに、 何をしたら良いのかな?と迷っている人は、自身の現状確認の為に、「印象力調査」を使ってみてはいかがでしょう。 きっと今まで自分では気がつかなった新たな発見がありますよ。