講師日誌

【質問型営業】相槌は『大なわとび』

講師日誌
  From 鈴木 康之 東京オフィスより   梅雨と言いながら今日も東京・神田は良い天気! 公園にでも行って縄跳びもしませんか!   suzuki_photo   さて、仕事でもプライベートでも相手がどんどん気持ちよく話をしてくれて、信頼を獲るにはどうしたら? イメージは「大なわとび」です。 人はリズムを持って生きていますがこのリズムが、相手のリズムと合うことで、とても気持ちよい状況になるんです。 みんなで「大なわとび」を跳んでいる時、足並みがそろい、息が合っている一体感です。 失敗するときは、 足並みが乱れた、息が合わない時。   縄跳び 会話も同じこと。   では、どうしたら上手く跳べるのか? 会話出来るのか? 重要な役目は縄の回し役。 コツは輪の中に入れる様に、 ゆっくり大きく回すこと。 呼吸を合わせること。 これを会話に置き換えた時は回し役は聴き役、縄は頷き。 そして同じく呼吸を合わせること。 相手の話に対して、ゆっくりと呼吸し、大きく頷くことです。相手はあなたと会話のリズムを取りやすくなり、話をしやすくるだけでなく会話が楽しくなります。 結果、呼吸の合った会話で信頼までも獲得できるんです。 この週末、ご家族と週明けはお仕事で意識してコミニケーションをとって下さい!