講師日誌

【質問型営業】島田紳助が見つけた笑いの仕組みと、売れる仕組みの共通点。

講師日誌

島田紳助が見つけた笑いの仕組みと、質問型営業®の売れる仕組みの共通点。

 

kira_photo

From:吉良洋

  大阪オフィスより。   島田紳助が芸能界を引退して、もう5年位経つだろうか。 彼が芸能界を辞めた理由には、今も批判の声もある事だと思うが・・・。   質問型営業®コンサルタントの私は、彼がかつてテレビで語っていた話しを思い出す事がある。 何年も前に聞いた話しだか、だいたいこんな内容だったと思う。   ある日帰宅すると留守番電話ににメッセージが・・・。 再生してみると 「こら紳助!俺のネタをパクるな!」 というメッセージ。   声の主は、彼の兄弟子であり、B&Bとして 東京で一気に売れ始めていた島田洋七。   紳助は思った。 「バレたか」     これは、生存競争が極めて厳しいお笑いの世界で 頂点を極めた2人だからこそ成り立つ会話だと思った。   島田紳助は、19歳でお笑いの世界に入った内弟子の頃から、 売れている漫才師のネタを全てノートに書き出し、 研究を続け、大きな発見をした。   それは、会場を爆笑の渦に巻き込んでいたのは、 『ネタの仕組み』だったという事。   時は1980年代初期。 空前の漫才ブームが巻き起こる前。   それまでにない新しい笑いの仕組みで、 時代の最先端を走っていた2組のコンビ・・・。   ビート・タケシ率いるツービート。 島田洋七率いるB&B。   彼らは、しゃべりのテンポを限界まで上げ、 コンビの1人が9割以上しゃべりまくり、 相方が一瞬だけツッコミを入れるというスタイル。   「この新しいスタイル、この笑いの『仕組み』で一気に天下を取れる!」 そう確信した、島田紳助は、 この新しい笑いの「仕組み」に、 自分達の不良ネタを載せていった。   島田洋七が留守電に吹き込んだメッセージの真意は・・・ 「俺たちの笑いの仕組みをパクな!」 という事だった。   そして彼は、完全なパフォーマンスを目指して、 相方の松本竜介を徹底的に訓練した。   竜介・・「なんでやねん!」 紳助・・「違う!もう1回!」 竜介・・「なんでやねん!」 紳助・・「遅い!もう1回!」 竜介・・「なんでやねん!」 紳助・・「声のキーが違う!もう1回!」 こんなやり取りを延々何時間も、何十時間も。     この話を聞いた時・・・ 私達が「質問型営業®塾」の塾生さん達と取り組んでいるやり取りと 同じだと思った。   まず初めに「営業で成果を出し続けているのは、質問型営業®の仕組み」 という事を共有する。   次に様々なコミュ二ヶ―ションの場面で「質問の仕組み」を 実践出来るよう、一緒に訓練していく。   そして「適切な質問=トーク・スクリプト」を創作し、 聞き方、イントネーションまで一緒に訓練していく。   そんな日々を積み重ねながら・・・ 色々な個性を持った人達が、同じプロセスを経て、 1人、また1人、また1人と、 自分の個性を活かした「質問型営業®マン」として巣立っていく。   そして、 「多くのお客様に心から喜んで頂けるようになった」 「仕事が、営業が、本当に楽しくなった」 「本当にやりがいを感じる」 という声を届けてくれている。   そんな彼らは、 この先、 今よりも情報が氾濫する時代になっても、 お客様のニーズが多様になっても、 「貴方から購入できて良かった」 と、言われ続ける 「お客様にとって、かけがえのないパートナー」 という関係を築き続けるんだろう。   PS 保険セールスマンが仕組みを手に入れるなら ↓ 今月は残り5名限定! あなたにピッタリな質問型営業®トークを手に入れたい方は他にいませんか?