講師日誌

【質問型営業】あなたのその質問、、、こんな過ちを犯していませんか?

講師日誌
 

あなたのその質問、、、こんな過ちを犯していませんか?

from 安井 匠 0125 横浜のオフィスより   私にも、コミュニケーションを教えてくれる先生がいます。 それは、奥さんです(笑) というのも、奥さんは、私のコミュニケーションに関する講座に何度か出席しているので、 実は、結構、質問型営業®や質問型コミュニケーション®のポイントを理解しているんですね。 先日も、私自身こうして、営業やコミュニケーションの講師をしていることが、恥ずかしくなる出来事があったんです。 それは、奥さんとの何気な~い日常会話の中でした。 その会話というと、、、 こんな感じでした。   私「やっぱり●●●●ステーキってさあ、女性はいかないよな~、●●(奥さんの名前)もいかないでしょ~!?」 奥さん「その質問って決めつけだよね?」 「私は行きたいから」 「そういう時は、●●●●ステーキって、女性はいくと思う~?●●(奥さんの名前)はどう?でしょ」 とピシャ!(^^;   ハイ、全く、その通りですね(^^; つい、無防備に意識することなくノーガードでコミュニケーションをしていた僕は一発KOを喰らいました(笑) 指摘を受けて、自分の悪い癖だなと認識して、気をつけよう。。。と本気で思いましたよ。。。  

でも、これって質問型営業®塾でも、よくあるのです。

先日セッションしたクライアントさんは、どうも質問してもいい反応がもらえないというのです。 私「じゃあ、早速ロープレやってみよう!」 クライアントさん「ハイ、では、お客様、現状はいかがですか?・・・・・」 ここからは、現状-欲求-解決策-欲求-提案の流れ。。。 私「う~ん!完璧!!!すごいね~」 クライアントさん「でも反応が良くないのです。。。」 私「うん、だよね~!【微笑みキープ!】それだけ!」 クライアントさん「・・・・」 クライアントさん「えっ!?それだけですか?」 私「うん、それだけ」 という感じで、クライアントさんにとっては「えっ、、、そこ!?」という反応で、かなり盲点だったみたいなのですね。 でも、えてして、そんなケースってよくあります。 やっぱり、自分で一生懸命にやっているにも関わらずうまくいかない時って、だいたい、自分でも思っても見なかったという、自分の考えの外に答えがあるんですよね~。 だからこそ、他者の意見、ありがたく頂戴したいものですね。   追伸> あのあと、また同じ決めつけ質問をやってしまい、奥さんに指摘を受ける(^^; 本当に師匠がそばにいるというのはありがたいもんです(笑)