講師日誌

質問型営業マニアなら知っておきたい!?”自らの欲求”をお客様が語ってくれるようになる為に必要なコト

講師日誌

質問型営業®マニアなら知っておきたい!?”自らの欲求”をお客様が語ってくれるようになる為に必要なコト

0125 FROM 安井 匠 横浜のオフィスより   青木がポッドキャストでリスナーの質問に答えるように、 セミナー会場で、あなたの質問に直接お答えする 【ポッドキャストライブセミナー】を毎月開催しております。 ※ちなみにポッドキャストの公開収録というようなものではありません(時々訊かれるので念のため) あなたが相談した課題が、ポッドキャストで流れるといったようなものではありません。   実はこのセミナー゛質問型営業®マニア!?゛としてはかなり貴重な場なのです。 というのも、コンサルタントの私達も思わず 『聴いたことないよ~!』 と叫んでしまう!?、、、そんな話がよく飛び出すのです(^^;   先週の大阪と東京でのセミナーでも、アプローチが上手く行かない人にはコレ!というノウハウが新たに体系化されていたのです。 どんなものかと言いますと、アプローチのステップをさらに細かく3つ分類したものでした。   今までも青木は皆様にお伝えしてきていることなのですが、少々見逃されがちだった重要なポイントです。 アプローチというと、ポッドキャストでは”5ステップ”なんて話になっていますよね。 現状-欲求-解決策-欲求の再確認-提案 というものです。  

しかしながら、実践してみた方の声を聴かせていただくと、、、

『欲求を質問しても「別に、、、」とか「特にない、、、」といった答えで、欲求をうまく引き出せないんです。』 というようなことをよく耳にします。 今回、青木がお伝えしたのは、その悩みを解消するために体系化したものでした。   まず、その体系をお伝えする前に、どうして、そのようになってしまうのか!?ということをお伝えします。 可能性として考えられるのが、“唐突すぎて、普段考えてもいないことをいきなり訊かれても急に答えられない” ということがあります。 たとえば、いきなり「将来どんな生活をしたいですか?」と質問されても、 普段、考えていない人は、そんなにポン!と答えが出ないので「特にない」となってしまうのです。   また、そもそも、営業マンであるあなたに “心を開いていない” という残念な現実があるかもしれないのです。   せっかく、お客様の役に立ちたいと思っていても、それが一方通行だと悲しいですよね。 ですから、そうならないために 1.警戒心を得く(マイナスからフラットに) そのために、もうここから営業されることはないなという雰囲気をつくる。 2.いい人だな~と感じてもらう(フラットからプラスに) 「ところで」で話を切り替え、「なぜこの仕事をしているのか?」等、相手自身のことを質問する(⇒ここはかなりたっぷり、しっかり) という段階を経ることが必要なのです。 これがあった上で、 3.自分が役に立てる分野の話を質問していく 「そのような中で」で切り替え、現状-欲求-解決策-欲求の再確認-提案 へと進めていくのです。   2で、しっかりと自分のことに興味・関心を持ってくれ、そしてしっかり共感(特に認める・褒める)をすることで、 安心感がどんどん積み重ねられ、質問にも好意的に考えてくれるようになるのです。 これをしっかり練習することで、あなたの明日のアプローチが変わりますよ。   ということで、まだ書籍やポッドキャストでも未公開の【新・アプローチ3ステップ!】を 誰よりも早く知りたい!身につけたい!という方はポッドキャストライブセミナーへ今すぐお申し込みくださいね。   しかも、、、 ★ 割引価格(通常15,000円が10,000円)での申し込みは9月30日(金)17時まで! ★  参加人数も1会場あたり6名様限定!!! ★ 東京・大阪に加え、さらに今回はじめて福岡での開催!!! お申し込みはこちらからどうぞ! 新ノウハウの習得と、あなたならではの悩みを青木が直接解説する一石二鳥のセミナーですよ! 私も、東京と福岡に参加します! お会い出来る事楽しみにしております!!! 最後までお読みいただき、ありがとうございました