リーダーへの一言コラム

【004】アプローチ編― コミュニケーション

コミュニケーションをしていると、色々なことがわかり営業になる


営業マンは、お客様に営業を行くのではない。

コミュニケーションに行くのである。

色々なことをコミュニケーションしていると、
お客様は、自分のことを話してくれ、
そのうちに、何に困っているか、
何を求めているかも話してくれる。

そうすると、自分の提供しているもので役立てられるとわかりだし、
自然に営業になっていくのである。

私は、同行営業で多くの営業マンのアプローチを見ている。
ほとんどの営業マンは営業しようとしている。
そして、強烈な断りにあい、落ち込む。

「営業は辛い、苦しい、疲れる」

それは、営業しようとするからである。

もう一度、言おう!

営業マンは、お客様に営業を行くのではない。

コミュニケーションに行くのである。

そのコミュニケーションの結果、営業になるのである。