リーダーへの一言コラム

【195】アプローチ―アファーメーション

「お役に立とう!」というアファーメーション(自己暗示)が効果を発揮する


 

営業の2原則

「人は思った通りにしか動かない」

「営業とはお役立ちである」

ということを常に頭に入れて営業を行うこと。


お客様は営業マンを
「売る人」「売りに来る人」「売りつける人」
と思っている。


今までの営業の歴史で、
そのようなイメージを与えたのだろう。

営業マン自身も
そのような教育を受けてきた。

だから、そのようなイメージをお客様に与えたのだろう。
残念なことである。

だからこそ、
その営業マンのイメージを持っていることを当然とし、
そして、そのイメージを断固として覆そう。

あなたは「売りに行くのではない」
あなたは「お役立ちに行くのである」

アポイント
アプローチ
プレゼンテーション
クロージング

あなたは、どの段階であろうが、
お役立ちにいくのだ。


結果として「買っていただく」
それこそ、お役に立ったからだ。


それを決して忘れないように
自分に言い聞かそう。

これをアファーメーションという。

「私はお役立ちに行く!
私はお役立ちマンだ!
お役立ちこそ私の営業の目的だ!」