質問型営業一言コラム

【086】営業全般―営業とは「お役立ち業」

営業とは「お役立ち業」であり、結果、お客様が「買うこと」です。


 

営業とは「お役立ち業」です。

役立ちそうなので、お客様が「買う」のです。

決して、営業マンが「売ること」ではありません。


これがわかった時に、営業という仕事から解放されます。


営業とは基本的にお客様へのお役立ち業なのです。

お客様のお困りのことに手助けすることです。

お客様の欲求の実現のお手伝いをすることなのです。


ですから、営業のため夜討ち、朝駆けという考え方はありません。

お客様に対しての熱意というよりも、お役立ちへの信念です。


もう一度、言います。

「営業」でなく、「お役立ち業」なのです。