リーダーへの一言コラム

【188】アプローチ―わかってもらわなければ

それは、あなたの専門家としての意見です。


 

自社の専門家として、
あなたは研究し、
そして、勉強してきています。

新入社員からスタートし、
年数を重ね、
ドンドンとその道のプロフェショナルになっているのです。

研究すれば、するほど、その道の専門家として
その商品・サービスをお客様にお伝えしたくなるでしょう。

勉強すれば、するほど、あなたはその道のプロとして、
その商品・サービスをお客様にお伝えしなくてはという使命感にかられるでしょう。


しかし、ちょっと待って下さい!

まず、お客様はそのことを欲しているかです。
そのことを、考えているかです。


「いや、伝えれば、この重大性をわかってもらえる」

それはあなたの専門家としての勝手な意見です。

お客様はまだ、そこまで思っていません。
そこまで、欲していません。
ことの重大さに気がついていません。


そのために、
その関連のことについて、
質問することです。

それについての思いを聞き、
考えを聞くことです。