青木毅の営業お悩み相談

1年の目標設定というのは、 どうすればいいのでしょうか?

これから始める人

毎年この時期になると、
この1年を振り返り、
来年の目標などを考えますが、
上手くいったためしがありません。

1年の目標設定というのは、
どうすればいいのでしょうか?

ダイスケ(28歳 男性)


この時期になると考えるのが、
来年の目標設定だと思います。

ところが、この目標設定がうまく行かない。
作っても、作っても、中途半端。
上手く言ったためしがない。

こんなことを私も繰り返していました。

そもそも、
「人生の目標設定をするといいのだ」と
気が付いたのが、29歳あたりです。

もちろん、それまでも目標は作っていました。
でも、真剣にやったことがない。
願望レベルです。

ところが、それを29歳からやり始めました。

なぜ?

そのようなことを教える目標設定のプログラムの販売を
するようになったからです。

だから、まず、自分の目標設定を
絵に描いた餅のようには、してはいけない。
なにせ、自分が教えているのだから。

そう思いつつ、現実には、
目標を作るけどうまく行かない。

そうすると、自分の販売している商品にまで、
疑問が出てくる始末です。


そして、毎年、自分なりに目標設定を繰り返し、
紆余曲折をしながら、この目標設定の方法に
たどり着いたのが、42歳あたりです。

この時、わかったこと。

実は、目標は「目印」だということです。

目標は達成すべきものではなく、
目指すべきものであること。

そして、達成することが重要なのではなく、
それを目指して、日々前進していくことが重要なのだ
ということがわかりました。

人生とは、長い旅のようなものです。

ですから、目標は、
その時期に達成することが出来ればいいのですが、
できなければ、自分の人生で達成すればいいのです。

目印という言葉で、そんな感覚を与えてくれました。

そもそも、目標を目指し、進んで行くことで、
自分を成長させ、進歩させ、変化させてくれるのです。

このように考えれるようになって、
私の中で「目標設定」に革命が起こりました。

そして、目標設定の方法が出来上がりました。

それは、まず、自分の「生き方」と「理想の姿」を設定し、
そこから、次々に設定する方法です。

—————————————————-

自分は人生を通して、どのような生き方を望んでいるのか?
→ミッション

自分は最終的にどのようになりたいのか?
→ビジョン

そのビジョンを実現するために、
どのようなことを実現するのか?
→長期目標

その上で、今年はどのようなことを実現するのか?
→1年の目標

その上で、今月何を達成するのか?
→今月目標

そのために、何をするのか?
→今週、今日目標

それを実行できるための人間作りをどうするのか?
→習慣目標

——————————————————-

これらを、仕事、個人、家庭という面でも考えます。
なぜなら、私たちの1日は、仕事と自分と家庭の場面があるからです。

そして、これを毎年、設定して、
どれぐらい進んだかを計るのに、
「毎年の振り返り」を年末に行い、
軌道修正した目標設定を毎年行うのです。

どこまでも、達成よりも、
その目印を持って、
日々進んで行くことをむしろ目標としています。

こんなことを42歳から行うようになり、
今年で、23年目になります。

でも、色々なことを達成しました。

質問型営業を開発したこと。
セルフマネジメントプログラムを作ったこと。
本を16冊出したこと。
質問型営業を国内に広めること。
海外にまで広めること。
などなどです。

この目標設定をしっかり行うのが、
当社のセルフマネジメント講座であるのですが、
少々時間がかかります。

そこで、今年は、年初に目標設定方法の
セミナーを行いました。

よければ、しようと思います。
また、メルマガで告知します。