講師日誌

おばあちゃんに学ばせてもらう!?質問型営業!?

講師日誌

 おばあちゃんに学ばせてもらう!?質問型営業®!?

0125 From 安井匠 横浜のSPAより   昨日、僕が郵便局に行った時の事です。 用件を終え、郵便局から出ようとしたところ、出口のところで、入ってこようとした年配の女性と鉢合わせになってしまいました。 「どうぞ、どうぞ!」「いや、どうぞ、どうぞ!」 なんてお互いに譲りあったのです。   僕の気持ちとしては、 やっぱり「年配の人には先を譲る」 そんな気持ちが強かったんだと思います。 でも、この年配の方もなかなか頑固!?いえいえ違うんです。 すごく上品で身なりもしっかりとした気品溢れる方だったんですよ。 そんなことを感じながら、この「どうぞ、どうぞ」が3回は続き、  

 結果は、、、

  僕が気持ちよく先に出させていただきました。 僕がなぜ、気持ちよく先に出たのか!? それは、その年配の女性の「とある一言」が、きっかけだったのです。 その一言とは。。。   「出るのが先よ。」   という言葉でした。 たったこの一言だったのですが、僕の中では、すごーーーーく、納得感があったのです。  

 よくこんな話を聞きませんか?

例えば、満員電車が一番わかりやすいと思います。 降りる人が先に降りて、あとから乗る人が乗った方が断然スムーズですよね。 今回は一人対一人だったので、そこまではっきりは自覚しなかったのですが、やっぱり出る人が先の方が”流れ”がスムーズだということです。 他にも、呼吸もそう。 深く大きく呼吸をするなら、吸おう、吸おうとするよりも、 先に息を吐く方が”流れがスムーズ。   さらに、お金もこう言ったりするのを聞いたことありませんか? 入れよう入れよう(稼ごう、稼ごう)とするよりも、 使う方が先の方が”流れ”がスムーズ。   そして、もちろん営業もそうだということです。 こちらの提案を採用してもらおうと思うなら、 まずは相手の話を聴く、、、つまり相手に先に話をしてもらう(出してもらう)からこそ、 こちらの提案も相手の心の中にしっかりと入るということです。 じゃあ、具体的にどうやってやるの? こちらでしっかり身につけてもらえますよ。   やっぱり人生の諸先輩方に学ぶことは多いですね、有難いです。   P.S ところでなぜSPA!? ここは、パソコンブースがあって、根詰めて、集中して考え事をするときにいいんです。 いい汗かくから(出す)から、いい知恵が入ってくるんです(^^;