講師日誌

【質問型営業】季節は大寒ですが、ここでは大感です。

講師日誌

季節は大寒ですが、ここでは大感です。

From  鈴木康之 東京オフィスより suzuki_photo   連日寒いですねぇ〜、暦では大寒ですよ! 体の芯に沁みる寒さです。  

さて、今回の共感ですが・・・

前回は、共感は理解してはいけないとお伝えしましたが、 今回は、実際にはどんなことかを例にとってご紹介しましょう。  

B子さん!『これは本当の共感ではないですよ!』

1、友人との会話(失恋編) A子さん「日曜日に、すごく寂しいこと事があったんだ・・・」 B子さん「何、何、何、どんなこと??」 A子さん「近所の幼馴染みが引っ越しちゃって・・・(涙)」 B子さん「幼馴染だものね〜わかるう〜その気持ち〜。」✖️

解説

ちょっと先走って理解してしまっていますよ! とても深い共感に思えますが、A子さんから言わせれば、「何もわかってないな〜」って感じてしまうかも。 充分に聞いて、理解しないと共感に値しませんよ! さらに、幼馴染が引っ越したことでなく、一緒に引っ越して行ってしまった猫のことかもしれません。 (= ̄ ρ ̄=)   ここで共感は一言、深く「寂しいのね・・・」(大感で) そして次に優しく「でも何で そこまで?・・・」  

ちなみに大寒ではなく大感です。(詳しくはポッドキャストで!)

いかがでしたか? 同じような現象は営業では特に多く見受けられます。しっかりと理解してロープレで練習してください! それではまた来週!